MENU

女性のすそわきがはこれで解決!押さえておきたい臭いを抑える方法

 

なかなか口に出せない悩み「すそわきが」。男性にもすそわきがはあるのですが、圧倒的に女性の割合が多いと言われています。なぜでしょうか?

しかし、考え方を少し変えてみると「自分だけが悩んでいるわけじゃない」ということに気づきますよね。それに割合を考えれば、すそわきがの対策も女性に合わせたものが多いと言えるでしょう。

 

ひとりで抱えがちな悩みのひとつですが、実は多くの女性が相談できずにいます。だからこそ、そんな女性のためにおすすめの対策があるのです!

 

すそわきがは女性の割合が多いって本当?

 

すそわきがは男性にも発生するのですが、女性の割合が多いのは事実です。すそわきがの原因となるアポクリン汗腺は男女ともに持っています。しかしその数は女性の方が多いのです。そのためすそわきがの割合は女性が8〜9割、男性が1〜2割だと言われています。

 

女性がすそわきがになりやすいのはどうして?

 

まず女性はアポクリン汗腺の数が多いということ。アポクリン汗腺はもともとフェロモンと関係があり、異性を惹きつける役割を持っています。つまりアポクリン汗腺はニオイを出すためのものなのです。

 

アポクリン汗腺が発達しだすのは思春期頃から。この頃になると女性ホルモンの影響が出てきますよね。すそわきがは女性ホルモンの影響によって臭いの強さに変化がでるのです。特に月経の周期で体臭自体が強くなったり臭覚が鋭敏になったりするのも要因でしょう。

 

すそわきがの原因には「皮脂腺」も関わっています。女性は男性に比べて皮下脂肪が多いという特徴があります。皮下脂肪が多いとアポクリン汗腺から汗が出やすく、皮脂腺が刺激されすいためすそわきがが発生しやすいのです。

 

女性におすすめのすそわきが対策!

 

すそわきがの割合が女性に多いことには、いろいろな理由が存在しているのです。しかし、悩んでばかりはいられません。少しでも臭いが軽減するよう対策をしたいと考えているはずです。そこで普段の生活に取り入れて欲しい「おすすめのすそわきが対策」をご紹介します!

 

▼清潔にする
これは「言われるまでもないこと」と思われるかもしれませんが、あえて最初にあげました。当然で基本的なことほど大切だからです。「いつもより意識してみる」それだけでも意外に効果があるものですよ。

 

▼汗をこまめに拭く
「清潔にする」とも関わってきますね。汗をかいたときにデリケートゾーンも拭いていますか?アンダーヘアや下着に汗が残っていると、すそわきがだけでなく他の臭いも混じってしまいます。汗をかいたら専用のシートで拭くようにしましょう。

 

▼皮下脂肪を減らす
皮下脂肪は汗腺の働きを活発にします。食生活を見直して動物性たんぱく質・脂質・糖質をいつもより減らしてみて下さい。野菜を多めに摂り入れて皮下脂肪を減らしましょう。

 

▼トイレのウォッシュレット機能を使う
女性は必ず個室に入りますから、清潔を保つためにウォッシュレットを使用してみて下さい。注意して欲しいのは洗い過ぎです!必要な菌まで洗い流すと良くありませんので、気をつけましょう。

 

▼パンティーライナーを使う
下着はできるだけ通気性がよく、きつくないものがおすすめです。そして、すそわきがの場合は黄色っぽいシミが付くことがありますよね?汗をかいたからと言って下着を頻繁に変えるわけにもいきません。そこでパンティーライナーを活用してみて下さい。ただし、こまめに交換するようにして下さいね。汚れていないように見えてもデリケートゾーンは蒸れやすいので注意しましょう。

 

▼すそわきが専用の商品を使う
入浴時の石鹸やデリケートゾーン用のクリームなど、すそわきが用の商品が販売されています。刺激が強すぎるとトラブルの原因になりますので、デリケートゾーン専用の商品を使用しましょう。クリームは原因になる汗を抑えたり、洗った後に保湿をしたりするために使用します。石鹸もクリームも成分を確認して肌に優しいものを選んで下さいね。

 

▼アンダーヘアの処理
アンダーヘアを処理することで通気性も良くなりますし、汗を拭いたり専用クリームを使用したりするのも簡単になります。少しカットするだけでも違いますので試してみて下さいね。

 

多くの女性が悩んでいるすそわきが。女性ならではのケアをしよう!

相談できないために、他にも悩んでいる人がいるかどうか分からないのがすそわきが。しかしすそわきがは対策を行うことで軽減できます
すそわきが対策の商品には、割合の多い女性に配慮したものが販売されています。その点では、自分に合った商品が見つけやすいと言えるでしょう。

 

女性のデリケートゾーンは形状が複雑なので、洗う時には石鹸をよく泡立て素手で優しく洗うこと。また、膣内フローラまで洗い流してしまわないように気をつけましょう。

 

パンティーライナーの使用も女性ならでは対策のひとつ。そして月経に合わせてホルモンバランスが乱れ、臭いが強くなる傾向があるのも女性ならではです。その時期は特に意識してケアを行い、すそわきがを強めやすい肉類などの摂取を控えることをおすすめします。

 

ちなみに、すそわきがはフェロモンと関係があるため、気にならないという人もいるそうです。ですから、あまり気にし過ぎずに対策を行っていきましょう!