MENU

すそわきがのにおいは超独特!絶対にまちがえることない強烈なにおい!

「すそわきがかもしれない…」と悩んでいる方の中には、実際にはどんな臭いなのか、どこから臭うのかが良く分からないという方もいるようです。
人は誰でも固有の体臭を持っています。また髪や衣服はニオイを吸着しますし、食べ物によってもニオイは変わりますよね。ここではそんな普段の生活の中から「すそわきがはどんな臭いで発生場所はどこなのか」を確認していきます。

 

すそわきがってどんな臭いがするの?

 

「わきが」は聞いたことがあるけれど「すそわきが」は知らなかった、という方も少なくないですよね。わきがは腋臭症、すそわきがは外陰部臭症と言われ、どちらもアポクリン汗腺からの汗が原因で起こります。ですから「すそわきがの臭い」は「わきがの臭い」と同じなのです。ただ、蒸れや臭いがこもりやすい場所のため、わきがよりも強めの臭いが発生しやすいといえます。

 

よく例えられる臭いはこちら。

 

・鼻にツンとくる感じ
・ネギや玉ねぎ
・納豆
・苦い感じ
・酢
・香辛料
・鉛筆の芯

 

※女性の場合は月経やおりものの臭いと混じることで、魚やチーズが腐ったような生臭さを感じることもあります。

 

すそわきがは体のどこから臭う?

 

わきがは名前の通り「わき」から発生しますが、すそわきがは臭いの出る場所が数ヶ所あります。その場所にはアポクリン汗腺が多いのです。

 

臭いの発生しやすい場所

 

〜女性〜
・わきの下(わきが)
・乳輪/乳首
・へそ
・デリケートゾーン
(Iライン/Oライン)

 

 

〜男性〜
・わきの下(わきが)
・乳輪/乳首/胸毛
・へそ
・腹部発毛部
(お腹まわり)
・デリケートゾーン
(Oライン)

 

アポクリン汗腺の毛穴開口部からすそわきがは発生します。場所を把握することで、気になる臭いがすそわきがなのかの判断材料にして下さいね。

 

体臭とすそわきがの違い

人にはそれぞれ体臭がありますが「体臭とすそわきがは何が違うの?」と疑問に思いますよね。どちらも「ニオイ」であることに変わりはありませんが、すそわきがはアポクリン汗腺から出る汗が原因で起こるものです。

 

人にはアポクリン汗腺以外にもエクリン汗腺や皮脂腺があります。これら3つはそれぞれ違う働きを持っており、発汗する場所も汗や分泌物の性質も違うのです。
特徴として、アポクリン汗腺の多い部位・べたつきを感じる汗・わきがのような臭い・黄色っぽいシミ、こうした条件にあてはまる場合は、すそわきがである可能性が高いと言えます。

 

「汗は臭うもの=体臭」と考えたくなりますが、エクリン汗腺から出る汗は無臭でサラサラしています。アポクリン汗腺の汗とは違いますね。そんなエクリン汗腺の汗が体臭の原因になるのは、皮脂腺から出る分泌物のためです。皮脂腺は肌の湿潤性を保つために油脂成分を分泌します。この成分はアポクリン汗腺・エクリン汗腺の両方から出る汗の臭いを強めてしまうのです。
皮脂腺は「動物性脂肪を多く摂取することで活動が活発になる」という特徴があります。そうすると体臭やすそわきがも強まることになりますから、動物性脂肪の摂取は控えめにすると良いでしょう。

 

すそわきがも体臭もケアすることが大切

 

「スメルハラスメント」という言葉ができるくらい、ニオイをケアすることは当然のマナーになっています。しかし「ニオイ」というのはとてもデリケートな問題で、なかなか相手に伝えづらいというのが本音ではないでしょうか?また「自分がすそわきがかもしれない…」と思っても、どこに相談すればいいのかためらいますよね。

まずは臭いの特徴や発生する場所を知ることで、少しでも悩みを解決できるようにすることが大切です。調べた結果がすそわきがでも体臭でも、分かったことで一歩前進していることに間違いはありません。あとは解決策を探して実践できるように準備しましょう!